就かつ論。

考えることはサルでもできる。言動に表せないのは考えてないことと同じ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

決断

決断と判断とは違う。

判断には客観的な条件を全て挙げてみて比較検討をして
選択肢を選ぶ余地がある。

決断はそれとは違う。

条件は全て出尽しその上でメリット・デメリットを比べても
選択肢を選ぶことはできないのである。

それは優柔不断と紙一重。

選んでもらうことに慣れすぎた少年は決断とは
何かを選ぶことではなくて、何かを捨てることだと知る。

決断。されど決断。



スポンサーサイト
  1. 2006/04/14(金) 14:44:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

perhaps

ここは32階のオフィス。絶景の眺めだ。
とても素晴らしい先輩たちと仕事ができて楽しい。
世界の最先端のビジネスに関わっているという充実感。

何気ないきっかけで、この仕事を始めた。
学生会議の友達が紹介してくれた。

いま進路を考える中で、この仕事を通して受けている影響は
かなり大きいものがある。ひょっとするとその仕事を始める前に想像も
しなかった方向性へ進んでいくことになるかもしれない。

全てはタイミング。

だとはよく言ったものだけれども。

その仕事をやると決めなかったら、学生会議でその友達に
出会わなかったら、学生会議に参加してなかったら。
いまの自分は全く違った方向性を考えているかもしれない。

おそらく。

どんなに「if」を重ねてみても、それは単なる思考実験にすぎなくて
そうでなかった場合「otherwise」は現実には体験しえない。

そう考えると全ての選択は意味をもっている。そして、
その意味自体や意味の連続が紡ぎだす大きな物語に気がつけたとき
少し人生を歩めた気がする。

本当に小さな一歩だけど。

前にすすめたはず。

perhaps.



  1. 2006/03/28(火) 01:15:51|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ESラッシュ??

「各地でESラッシュ始まる-KFC通信」

4月を間近に控え、学生の就職活動も本格化してきた。
特にこの時期になると「ES」に追われるのが常だそうだ。

ESとはエントリーシートのことで学生が志望の企業が
提出する課題作文のようなものである。ただ作文とは異なり
その情報に基づいて、実際の面接が行われるのだから気は
決して抜けない。内容は志望動機は自己PRからはじまり
会社によっては「100万円あったら何に使うか」などユニークな
質問も見られる。

この時期学生は平均して20社から30社に応募するためESの作成に
必死だ。中には100社ほど応募するツワモノの学生もいる。

そんな中、快く取材に応じてくれたyuyaさん(都内在住)は
「えーそんなぁ、最近逆にひまっすよ。。なんだか逆に
焦るなー」と余裕なのか単なるバカなのかよく分からない
コメントをしてくれた。

彼のような学生がいたことにスタッフも安堵の表情を浮かべたが
このような学生はまれであり、依然就職戦線は厳しそうだ。

Tell me how exciting job hunting is, not how boring it is.
Tell me how easy job hunting is, not how hard it is.
Tell me what you are, not just who you are.

Please relax and enjoy it.


  1. 2006/03/17(金) 00:37:36|
  2. 就かつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

掃除しました

さっき書いてた文章を消してしまったー!
滅多にこういうミスはないのにな。

ってそういう人間だって誰が決めたんだろ。

ふと自分のキャラクターって自分が望んでいるものでは
なく、他人が自分に望んでいるのものじゃないかなと思う。

道化師が仕事を終えてその衣装を脱ぎ去るとき・・。
ものすごくオープンに見えてクローズな自分。

部屋を掃除してコーヒーを入れる。

こんな時間は重要だ。

Reflect yourself over coffee and only coffee will tell you
what you are supposed to be.




  1. 2006/03/11(土) 15:47:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

滑稽

何か自分を特別視していないか?

そういつも自問自答する。

それはきっと人間の本質で、エゴなのかもしれない。

エゴは時にものすごく活力を与えてくれるし、一方でとんでもない
障害になったりする。

ウエニハウエガイル。

このことを常に意識しつつ、かつ自分を押し出す必要がある。
とても難しい。

ただ、1ついっておきたいことがある。

もしも、自分が自分よりもデキル人のまえで、その事実を
知らないで、自分があたかもデキルような素振りをすること、
これ最高にかっこ悪い。

心あたりはありませんか?


  1. 2006/02/27(月) 23:43:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。